2017年08月20日

SORAのカラーについて

28.jpg

先日、お客様から「指輪の色は着色ですか?」という質問をいただきました。
いいえ、着色ではなく、発色です。

本日はSORAの指輪の「発色のメカニズム」について。
SORAが金属に発色を施す方法、それは構造色と呼ばれる色のメカニズムによるものです。
構造色はシャボン玉のようにそれ自体に色はついていませんが
表面の微細な凹凸や薄い膜構造によって様々な色彩が見られる現象です。
これは微細な構造によって「干渉」という光の成分の色を抽出する作用によるものです。
自然界ではカワセミの羽、モルフォ蝶、虹、オパールなど数多くの例があります。
どれも光沢感のある鮮やかな色彩が特徴です。
チタンやジルコニウムは、特殊な加工によって緻密で強固な酸化膜を形成し、
とても鮮やかな「干渉」がおこります。
この酸化皮膜による発色は紫外線や経年による劣化がおこらない特徴を持っています。
発色皮膜は高い強度を持ちますが、摩擦によって色に変化が起こることがあります。
発色はメンテナンスによって、カラーレスにしたりカラーチェンジすることも出来るので、
生涯わくわくが続く指輪となります。



■ 30種以上のデザイン、20色以上のカラー、
8種の素材(プラチナ・ゴールド4種・ジルコニウム・チタン・タンタル)から、
自分らしさを大切に、自由にカスタマイズしていただくセミオーダーの指輪たちです。
■ お車でお越しの方は、提携駐車場(無料)をご利用くださいませ。

kreis -クライス-
住所:札幌市中央区大通西26丁目1-18円山アーク2階
TEL:0116118895
営業時間:平日 11:00〜19:00/土日祝 11:00〜20:00(水曜定休)
Emai : info@kreis-w.co.jp
URL:http://www.kreis-w.co.jp/
Instagram : https://www.instagram.com/kreis_sapporo/
Facebook : https://www.facebook.com/kreis.sapporo
Ringraph:https://ringraph.weddingpark.net/brand/b300910
posted by kreis at 12:36| 北海道 ☔| Comment(0) | リング紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。